専門的支援

専門的支援

作業療法

利用者の能力を最大限発揮できるように、作業療法士と連携して作業療法に取り組んでいます。
作業に取り組むことで、日常生活動作を獲得するとこができます。また、やりがいを持つことで、精神・情緒の安定にも繋がります。

特徴1.視知覚からの作業の提供

『見る力』を養える作業を多く取り入れています。
ものの形を正しく認識でき、それと同じように書けたり置けたりすることで、文字や絵を描けるようになったり、ボタン止めが出来るようになることで、生活の質が向上できるよう支援しています。

特徴2.個人の興味・特性に応じた作業の提供

作業に興味が持てるように、訓練道具には遊びの要素を取り入れることも重要です。
生活を支援するためのオリジナルの道具や訓練道具を作成しています。

  • ペグボード

    【ねらい】

    色分けを行うことで認識力の強化
    手指の訓練や巧緻性の向上

  • タングラム

    【ねらい】

    形の認識
    図形の構成力(考える力の向上)

  • 絵文字合わせ

    【ねらい】

    学習
    文字と絵のマッチング知識の蓄積

  • 職業的訓練(ねじ回し)

    【ねらい】

    手指の訓練や巧緻性の向上
    単純な動きによる情緒面の安定