専門的支援

専門的支援

理学療法

ルキーナ・うだつでのリハビリとは!?

利用者は、「こんなことがしたい」と自分の気持ちを伝えることが苦手です。
したいことをしようと思っても、体が上手く動いてくれないことがあります。
利用者の「嬉しいことって何だろう?」と想像し、そして「どうすれば楽に、自分らしく動けるのか」を考え、その達成に向けて理学療法士と連携して理学療法に取り組んでいます。

1.機能訓練

・痛みを和らげるためのマッサージ
・関節が硬くならないように動かす
・筋力をつけるために筋トレ
・転倒予防にバランス訓練 など

機能訓練を行うことで、活動の範囲が広がり、スムーズに生活できるようになります。

2.生活訓練

・階段の昇り降り
・トイレやベットへの移乗訓練
・歩行訓練 など

施設や家の生活で「もう少し上手にできたらいいのにと思うこと」を訓練に取り入れることで普段の生活動作を上手にできるように練習します。

3.余暇支援

・車いす押し
・物入れ
・パズル など

車椅子を使用していたり、動きづらい人など運動量が少ない人が少しでも動くことの出来るように取り組んでいます。
楽しんで運動できるように、有意義な時間が過ごせるように工夫しています。